くらし安心クラシアンの24時間365日対応のつながりやすいインターネット専用ダイヤル

トイレの詰まり、水のトラブルはくらし安心クラシアンにおまかせください。

トイレ通信

なぜノロウイルスにはアルコールが効かないか?

2014年1月29日

ノロウイルスにはなぜアルコールが効かないか?

こんにちは、トイレ通信です ̄O ̄)ノ

ノロウイルスが猛威を振るっています。
ウイルスの感染源としてトイレまわりが取り沙汰されているので、心中穏やかではありません。
「安心してくつろげる、暖かい毛布のようなトイレ」をめざす(?)トイレ通信では、世間を脅かすノロウイルスについて調べてみました。

ノロウイルスにアルコール消毒は効果がないと言われますが、なぜでしょうか。

ウイルスにはエンベロープと呼ばれる殻で包まれている種類と、殻を持たない種類がいるそうです。
エンベロープという殻は脂肪でできていて、その脂を溶かして殻を剥ぎ取ると中のウイルスを無力化することができます。
この殻に包まれたウイルスの代表はインフルエンザウイルスです。
アルコールや石鹸には脂肪を溶かす作用があるので、これらを使うことは殻を持ったインフルエンザウイルスを退治するのに有効な消毒方法なのです。

ところが、ノロウイルスは元々この殻を持っていません。
中のたんぱく質が剥き出しでも平気なんです。
そのため脂を溶かす石鹸やアルコールを使っても体が溶けることはなく、消毒効果が期待できないのです。
(手洗いが推奨されているのは、ノロウイルスを死滅させるためではなく洗い流すためだそうです。)

では、どうすればこの露出癖のあるノロウイルスを分解することができるのでしょうか?
たんぱく質にダメージを与えることができるのは塩素系漂白剤、つまり家庭用漂白剤です。
トイレ等を掃除する時にはこの漂白剤を薄めて拭き取ります。

日常的に拭き掃除に使える濃度0.02%の塩素系漂白剤の作り方
5リットルの水に市販の塩素系漂白剤を20ml(漂白剤のキャップ1杯程度)加えます。これで約250倍に希釈したことになります。

ただし私達人間もタンパク質でできているので、皮膚についたり、たくさん吸い込んだりするとよくありません。
濃度を守って注意して使用しましょう。

参考サイト: 東京都感染症情報センター
        ドクターズガイド

オンラインでクラシアンの作業を予約できるサービス
選べるお支払方法

ページのトップへ戻る