くらし安心クラシアンの24時間365日対応のつながりやすいインターネット専用ダイヤル

トイレの詰まり、水のトラブルはくらし安心クラシアンにおまかせください。

トイレ通信

トイレの ノック は 2回

2013年4月15日

トイレのノック

こんにちは、クラシアンのトイレ通信です。
今回は トイレのマナー のひとつ、 ノック の仕方についてご紹介します。

トイレのノック の回数は『トン、トン』と2回が基本です。

トイレ以外の部屋に入る場合は3回ノックするというのが多いと思います。

因みに、トイレ以外の部屋に入る時のノックの正式な回数は、国際標準マナーで4回とされています。
4回ノックをする場合でも単に『トン、トン、トン、トン』と叩くより、『トン、トン、、、トン、トン』
と2回-2回で叩く方が上品な印象です。
ノックの回数だけでなく、叩くタイミングにも気をくばればグッと良くなりますね。
正式な場でのノックは4回ですが、親しい間柄であればノックの回数は3回ということになります。
しかしビジネスシーンにおいても3回ノックだから失礼にあたるということもなく、省略して3回でも可、ということなんですね。

しかし、2回はNGです。あくまで2回ノックはトイレノックということなので、失礼になってしまうのですね。

まとめるとこういうことですね。

  • 2回、、、トイレのノックの回数。
  • 3回、、、親しい間や、ビジネスの場での回数。
  • 4回、、、正式な国際標準の回数。

下記のサイトにノック以外にビジネスでのマナーを紹介しています。

働く女子の実態

 

話をノックに戻しまして、あと気をつけるべき点は、叩く強さですね。

入る部屋の大きさ、人のいる位置を予測して耳に届く大きさ、大きすぎず小さすぎない音のノックを心がけることが大切ですね。

トイレの場合は、ドアのすぐ向こうに人がいるので、小さめにノックしましょう。
用を足しているときに大きな音でノックされたらビクッとなっちゃいますもんね。

トイレのドアをノックする時は、控えめに「トン、トン」と2回、覚えておいてくださいね(=^・ェ・^=))ノ彡

オンラインでクラシアンの作業を予約できるサービス
選べるお支払方法

ページのトップへ戻る