くらし安心クラシアン、24時間365日対応インターネット専用ダイヤル

トイレの詰まり、水のトラブルはくらし安心クラシアンにおまかせください。

トイレ通信

和歌山県がすべての公衆トイレに温水洗浄便座を設置します

2013年2月7日

クラシアンオリジナルの温水洗浄便座

おひさしぶりです、トイレ通信です(-_-)/

2013年2月からはじまったクラシアンの「水まわりリフォーム」。トイレも浴室もキッチンも水廻りならすべてクラシアンにお任せくださいね!

みなさんご存知の「温水洗浄便座」。一般的には「ウォシュレット」と呼ばれることがほとんどだと思いますが、ウォシュレットはTOTOから発売されている温水洗浄便座を指します(-_-)/商標ではTOTOだけがウォシュレットと呼んでいいことになってるんですね。ちなみに、シャワートイレはINAX(LIXIL)の商標です。

その温水洗浄便座を県内すべての公衆トイレに設置するプロジェクトを和歌山県が実施するそうです!最近では学校のトイレのリフォームプロジェクトなども注目されているので、ますます日本全国のトイレが明るく、使いやすく、楽しい場所になりそうです!

和歌山県は2013年度から2年間かけ、県内のすべての公衆トイレに温水洗浄便座を設置する。

「汚い、暗い」というイメージを一新し、安心して使えるようにすることで観光客を呼び込もうというユニークな試みだ。

県によると、観光地やスポーツ施設、公園などの公衆トイレ約450か所のうち、現在、3分の1は温水洗浄便座を備えているが、残り約300か所にも約4億円かけて設置する。くみ取り式は水洗化し、和式しかないトイレには洋式便座を導入する。

今回の取り組みは、14年に高野山や熊野古道の世界遺産登録10周年、15年に国体など大型行事を控えていることもきっかけ。県幹部は「県外のお客さんに好印象を持ってもらいたいと考えた」と説明する。

公衆トイレって結構な数あるんですね(-_-)

県内にある450か所あるトイレすべて温水洗浄便座に交換と和式から洋式トイレへリフォームされる予定とありますが、総額4億円!公衆トイレは汚くて利用したくない!というイメージもこれでなくなるかもしれませんね。

ちなみに、2011年の調査では温水洗浄便座の普及が最も高い件は以外にも富山県という調査がありました。すでに温水洗浄便座の普及率は日本全国で67%を超える普及率。その中でも最も普及率が高いのは富山県で、81%以上。これは10世帯のうち8世帯は温水洗浄便座が設置されている計算になるのでちょっと驚きです(@@;)。さらに、北陸地方では石川県や福井県についても普及率は高いみたいです。-ウォシュレット普及率「2009年第一位 富山県

以外にも、温水洗浄便座の普及率は北陸が圧勝!
その理由は・・・?

持ち家率が低く賃貸住宅に住む世帯が多い大都市では簡単にウォシュレットを設置できないのだろう。

ちょっと納得です(-_-)

ですが、トイレの寿命もあるので、マンションやアパートの家主の皆様・・

クラシアンにトイレ交換やウォシュレット設置をお任せください(-_-)/
クラシアンではオリジナル温水便座も大量設置・施工対応です

(-_-)/<もちろん、アフターケア・メンテナンスもクラシアンにお任せください

 

オンラインでクラシアンの作業を予約できるサービス
選べるお支払方法

ページのトップへ戻る