日本ゼスト製の施工事例

ディスポーザー交換の施工事例 ディスポーザー付きマンションにお住まいの方限定!ディスポーザーの交換はクラシアンにおまかせ!

日本ゼストから別メーカーに交換

ディスポーザー交換 施工事例 1

日本ゼスト ZH-1

before

メーカー:
日本ゼスト(ZEST)
品番  :
ZH-1
使用年数:
約10年

スキューズ F-13

after

メーカー:
スキューズ (Skewes)
品番  :
F-13
ご依頼日:
2015年3月1日

トラブル内容

約10年使用していたディスポーザーが突然動かなくなり、点検修理のご依頼を頂きました。

調査・点検

ディスポーザーは日本ゼスト社(ZEST)の製品が設置されていました。点検したところ、本体内部スイッチが摩耗しておりスイッチ不良が原因で故障していました。

お客様には株式会社日本ゼスト社は2007年7月に破産している事をお伝えし、ZH-1製品は修理ができないため、他製品に交換するか、もしくはディスポーザーを外して(撤去)、生ごみ粉砕ができない一般的な排水仕様にするかをご提案致しました。
お客様はディスポーザーを使う事のメリットを実感していたため、各メーカーのディスポーザーをご案内した結果、国産であるスキューズ社の製品F-13に交換することになりました。すぐにでも使えるようにしたいとのリクエストもあり、翌日には交換作業をさせて頂きました。

※株式会社日本ゼスト(大阪市)は1985年8月にアメリカ製のディスポーザーシステムの輸入会社として創業しましたが、2007年7月10日付で事業を停止、同日には大阪地裁へ破産手続き開始の申請を行っています。

ディスポーザー交換 施工事例 2

日本ゼスト ZH-1

before

メーカー:
日本ゼスト(ZEST)
品番  :
ZH-1
使用年数:
約7年

スキューズ F-13

after

メーカー:
スキューズ (Skewes)
品番  :
F-13
ご依頼日:
2015年3月3日

トラブル内容

約7年使用していたディスポーザーが動かなくなったので、点検・修理とディスポーザー交換のお見積もり希望としてご依頼を頂きました。

調査・点検

ディスポーザーは日本ゼスト社(ZEST)の製品が設置されていました。ディスポーザー本体を点検したところ、電気系統の配線が切断されていた事による機器の故障でした。

お客様には、電気系統の配線が切れていることが動かない原因である事をお伝えし、同時に株式会社日本ゼスト社は2007年に破産手続きをしており、日本ゼストのディスポーザー本体やパーツはネットオークションや直輸入以外では入手不可能の状態である事をお話しさせて頂きました。日本ゼストが供給していたZH-1のディスポーザー(米国製)は、発売当時では国産ディスポーザーと違い直流式のモーターを採用、回転にパワーがあり生ごみの粉砕処理時間が短い事と、生ごみを連続投入する事ができるため排水性能が優れていると云われていました。
お客様はマンションの管理組合の理事を担当していた時に、ディスポーザーの排水処理槽のシステムと個別に設置しているディスポーザーとの関連性についても大変気にされていました。当社では各部屋の専有スペースに設置されているディスポーザーは、トイレや蛇口と同様に特定のメーカーに依存することなく、専有部分として自由にメーカーや機種を選択、設置する事ができる事をお伝えし、気になるようであればマンション管理を委託している保守管理会社のご担当者にご相談するようアドバイス致しました。
交換するディスポーザーは日本ゼスト製のディスポーザーと共通している、手元にスイッチがある連続投入方式の米国エマソン社のAC105製品をお客様にお勧めさせて頂きました。交換工事を正式にご依頼頂いた翌日にはディスポーザーをAC105に交換、工事費用も10万円を切る事で時間と費用を節約できたと非常に喜んで頂きました。

ディスポーザー交換 施工事例 3

日本ゼスト ZH-1

before

メーカー:
日本ゼスト(ZEST)
品番  :
ZH-1
使用年数:
不明

エマソン AC105

after

メーカー:
エマソン (EMARSON ISE)
品番  :
AC105
ご依頼日:
2015年3月20日

トラブル内容

分譲マンション購入時から使っていたディスポーザーが突然動かなくなり、修理のご依頼を頂きました。

調査・点検

ディスポーザーは日本ゼスト社(ZEST)の製品が設置されていました。点検したところ、モーター部の接触不良と判断致しました。

ご依頼のお客様には、日本ゼスト社は2007年に破産手続きをしており、交換部材の入手ができない事をお話しさせて頂きました。
お客様からディスポーザーに求めるご要望をお聞きしたところ、米国エマソン社の製品AC105に別売のオプションであるカバーコントロールキットを追加する事をご提案致しました。このオプションは、フタを使って運転するバッチ式運転へ変更可能なスイッチキット。これは従来よりも耐久性があり、投入口の安全対策がされているためお子様のいるご家庭にも安心してご使用できます。(注意:エマソン社のAC105のカバーコントロールキットは2015年現在一部の製品で完売となっております)

ディスポーザーを交換したい方はお電話またはメールでご相談ください!

ご連絡頂いた当日に駆けつけます!

クラシアンは24時間受付・365日対応
出張費・点検・お見積もり無料!

クラシアンでは必ず現地で状況を確認してからお見積書をお客様に提示いたします。
お見積書の金額や施工内容に承諾いただけない場合でも、一切費用はかかりません。
作業はお客様に承諾・同意頂いてから実施いたします。

ご連絡頂いた時間帯によっては、お伺いする日時が翌日朝以降となる場合がございます。

※クラシアンでは「ディスポーザ排水処理システム」が完備されたマンションで、新築時に自治体へ届出を提出されている場合のみディスポーザーの交換を承ります。  ディスポーザー本体(単体)のみを使用し、各自治体に届出を提出されていない場合は対象外となりますので予めご了承ください。
ページのトップへ戻る