水まわりお役立ち情報

キッチンの蛇口を交換する前に知っておきたい基本的な予備知識

水漏れや異音などの不具合が気になったら蛇口の交換時かもしれません。自分で交換するためのチェックポイントや方法、業者に依頼する場合の費用など、キッチンの蛇口の交換に役立つ基本的な予備知識をご紹介します。

蛇口交換は自分でできる?気になる費用は?

キッチン用のワンホールシングルレバー混合水栓

水漏れや異音などの不具合が気になったら蛇口の交換時かもしれません。自分で交換するためのチェックポイントや方法、業者に依頼する場合の費用など、キッチンの蛇口の交換に役立つ基本的な予備知識をご紹介します。

蛇口の交換だけなら自分でもできる!

キッチンの水栓から水漏れする場合、原因の多くは蛇口内のパッキンの劣化です。部品のみの交換で直る場合もあるので、まずは確認してみてください。
蛇口全体を交換する場合、作業はおおむね以下の流れになります。

  1. 水道の元栓を締めて水を止める
  2. 工具を使って古い蛇口から給水管を取り外し、古い蛇口をシンクから取り外す
  3. 新しい蛇口をシンクに取り付け、逆止弁と給水ホースを接続する
  4. 止水栓または水道の元栓を開け、異常がなければ完了

この作業工程に不安があるなら、専門業者に依頼する方が良いでしょう。給水管との接続などに問題があると、大きなトラブルに発展しかねません。

キッチンの蛇口の「タイプ」と交換の「流れ」

キッチン用の壁付きシングルレバー混合水栓

自分で蛇口本体の交換をする場合はタイプを確認し、下記の流れで進めましょう。

蛇口のタイプ

シンクに取り付けられている「台付き」と、壁に取り付けられている「壁付き」があります。

水道管につながる穴の数も確認してください。お湯と水それぞれの給水管につながる2つ穴の「ツーホール」と、1つ穴の「ワンホール」があります。
既存の蛇口がお湯と水それぞれにハンドルがあるタイプならツーホールですが、シングルレバーの混合水栓でもツーホールの場合があるので間違えないように気をつけましょう。

蛇口交換の流れ

  1. 上記項目を参考に蛇口のタイプを確認
  2. ホームセンターやメーカーのショールームなどで新しい蛇口を購入
    ※メーカーや穴径サイズにより取り付け可能な蛇口が異なりますのでご注意ください。
  3. 蛇口を交換し、古い蛇口をお住まいの自治体のルールに従って処分

自分で交換または業者に依頼する場合の気になる費用は?

自分で作業をする場合、必要な工具が揃っていれば新しい蛇口本体の購入費用のみで交換できます。節水型や浄水器内蔵などさまざまな蛇口があり、グレードによって3~6万円程度が相場。
クラシアンに作業を依頼した場合、作業料金は8,000円(税別)からです。お客様でご用意された蛇口の交換作業のみを行うこともできますし、蛇口本体は一部商品を除き20%引きでご購入いただけます。

キッチンの蛇口を長持ちさせるコツ

蛇口内のパッキンは正しく取り付けないと劣化が早まります。取り付け時に締め付けすぎない・定期的に清掃をするなど、扱いに気をつけて水漏れを防ぎ長持ちさせましょう。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る