個別の質問と回答

トイレが詰まった !水が溢れてきて水浸し!まずは焦らず状況把握です!

トイレが詰まった !という時の原因は様々です。トイレに異物(携帯電話やおもちゃなど)が流れたり、大量のトイレットペーパーを一気に流した、猫トイレの砂を流して詰まった・・などクラシアンにお電話いただく依頼はトイレのトラブルがダントツで1位です。

やみくもにトイレのレバーで流そうとせずに、便器から水が溢れる前に詰まっているものを考えてみてください。クラシアンが到着するまえに状況を思い出してみてください。併せて、自宅の水の元栓も閉めておくと安心です。

トイレが詰まった 原因と考えられるもの
  • 大量のトイレットペーパーやティッシュペーパー
  • 便
  • 生理用品、おむつ、携帯電話、布製品、カイロなど明らかにつまりそうなもの
  • トイレタンクに節水器具・ペットボトルなどを入れてないか
  • トイレの配管の劣化や破損
  • 便器本体の劣化
  • トイレ内にペットボトルのフタなどを流してしまった

クラシアンに依頼する前に(水が溢れていない場合は)市販のラバーカップを使って異物を取り除けるかもしれません。ただ、一時的に流れるようになっても、まだ途中で異物が引っかかっているケースも少なくありませんので、またすぐに詰まってしまう事もあります。
とにかく、トイレが詰まった際はレバー操作で水を流さないように注意してください。

ラバーカップでもつまりが解消されない場合は、異物が便器の配管の奥に入り込んでいる可能性が考えられます。クラシアンでは高圧洗浄機を使用した異物の除去や、トーラー(ワイヤー)を使用し異物を除去します。もちろん、クラシアンではお客様の現場にて適切な作業にてお見積りをしますので、詰まり具合やつまっているであろう異物をお教えいただければ現地でのトラブル解決もスムーズです。

また、トイレが詰まっている場合は他の蛇口などからも排水をストップするようにしてください。つまりがひどい時にはまったくちがう排水口から汚水が溢れる場合もありますので、洗濯機や台所での水の使用もストップし、水の元栓をしっかりしめ0120-511-511までお電話ください。

トイレが詰まった 時は深追いしない!

トイレが詰まった時には水を流そうとしてラバーカップやバケツの水を流して様子を見るのですが焦ってしまうと逆につまりの原因をトイレの内部から排水管へと押しやってしまい、つまり除去がさらに困難になるケースもあります。トイレでのつまりトラブルの多くはつまりを直そうと頑張ってしまい、逆につまり具合を悪化させてしまうケースも多いのです。
その時には、トイレ本体を取り外してつまりの原因を取り除く作業になってしまいます。

トイレが詰まったらトイレ本体を脱着する事があります。

トイレが詰まった 時には家庭にあるラバーカップで直せる場合もあります。トイレが詰まった 時以外にもラバーカップは家中の排水口に使用できるのでトイレ用やお風呂場、洗面所用などで分けて用意しておくのもお勧めです。
トイレが詰まった 時にラバーカップを使用する場合、洗面台やキッチン、洗濯機の下の排水口から汚水が溢れてくる場合があります。
これは、トイレが詰まった場所であっても排水口はつながっているため、汚水が別の排水部分に溢れてしまう事があります。ラバーカップを使用する場合は、トイレ以外の排水口にも雑巾やタオルなどで排水口を塞ぐなどをして使用してみてください。

クラシアンにお電話頂く前に、トイレが詰まった 原因もお伝えいただくと修理作業がスムーズです。トイレが詰まった 原因で一番多いのはトイレットペーパーを大量に流してしまい詰まらせたというお問い合わせが一番多いです。
その他、ペットボトルの蓋、子供のおもちゃなどトイレが詰まった原因は様々です。お電話でトイレが何で詰まっているのかお伝えいただくと、現場でのお見積り、作業がスムーズになりますので、トイレが詰まった場合には焦らずすぐにお電話ください

トイレ・便器

オンラインでクラシアンの作業を予約できるサービス 選べるお支払方法
ページのトップへ戻る