水まわりお役立ち情報

給湯器が凍結する原因と対処法・予防法

冬本番、極端に寒さが厳しい日には給湯器からお湯が出なくなるトラブルが起こることがあります。給湯器が凍結してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?その対処法と、給湯器を凍結させないための予防法をまとめます。

破損に注意!給湯器が凍結した時の正しい対処とは

壁掛けタイプの給湯器

冬本番、極端に寒さが厳しい日には給湯器からお湯が出なくなるトラブルが起こることがあります。給湯器が凍結してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?その対処法と、給湯器を凍結させないための予防法をまとめます。

給湯器が凍結する原因

外気温が-4℃以下になった日や、給湯器が北側の日陰などに設置されている場合の真冬の日には、給湯器が凍結してしまうことがあります。

凍結が原因の給湯器破損はメーカー保証の対象外となり有償修理となってしまうので、凍結させない・破損させない注意が必要です。

凍結してしまったときの対処法

無理に給湯器を使おうとしないで、慌てず適切に対処しましょう。

1.スイッチを「切」にして待つ!
気温が上昇して自然解凍するのが一番の解決策です。晴れていれば10時頃にはお湯が使えるようになるでしょう。
キッチンや浴室の給湯栓から水が出るようになったら、給湯器や配管から水が漏れていないかを確認し、給湯器のスイッチを入れて使用しましょう。
2.すぐにお湯を使いたい場合はぬるま湯をかける!
スイッチを「切」にして給湯栓を少しだけ開けて水が出る状態にしておきます。
●給湯元栓が凍結して回らない場合
給湯元栓にタオルを巻き、人肌程度(30~40℃)のぬるま湯をゆっくりかけます。給湯元栓が回るようになったら開けておいた給湯栓の水を止め、タオルを外して周囲の水滴を拭いておきます。※熱湯は絶対かけないでください!
●給湯元栓が回るのに水が出ない場合
給湯元栓以外が凍結しているので自然に解凍するのを待ちましょう。

凍結させないための予防法

給水管と保温材

給湯器を凍結から守る方法をご紹介します。

1.給湯器の凍結予防ヒーターを活用
機種により、給湯器に備え付けられている凍結予防ヒーターが気温に応じて自動で作動します。電源プラグは抜かないようにしましょう。
2.給湯栓から水を流し続ける
給湯器だけではなく給湯管やバルブ類の凍結も予防できます。
3.水道管を保温する
給湯器につながる屋外の水道管とその周辺に保温材を巻き保温します。
4.給湯器から水抜きをしておく
冬場に長期間自宅を空ける場合は、不在中の故障や水漏れを防ぐためにも水抜きをしておきましょう。

修理を依頼する際の費用の目安

修理の場合は故障箇所ごとに費用が変わってきますので、事前にきちんと見積もりで確認しましょう。一般的に給湯器メーカーに修理を依頼すると、出張費+作業費+材料費がかかることが多いようです。

給湯器の寿命は約10年なので、それ以上使用していて故障した場合は交換を視野に入れて業者に依頼をした方が良いでしょう。
クラシアンでは給湯器の交換も承っています。給湯器は機能やパワーで価格が変わるため、詳しくはスタッフにご相談ください。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る