水まわりお役立ち情報

水道管が凍結したときの対処法と凍結予防法

最低気温がマイナス4℃を下まわるような日は、水道管が凍ったり破裂したりする可能性があります。万が一そんな事態になった場合でも慌てずに対処しましょう。また、冷え込む夜は予防策を講じておき、大切な我が家の水道管を凍結から守りましょう。

冷え込む日は要注意!水道管凍結の予防と対処法

氷柱

最低気温がマイナス4℃を下まわるような日は、水道管が凍ったり破裂したりする可能性があります。万が一そんな事態になった場合でも慌てずに対処しましょう。また、冷え込む夜は予防策を講じておき、大切な我が家の水道管を凍結から守りましょう。

水道管が凍結しやすい条件

凍りついた水栓柱の蛇口

水道管が屋外の下記のような場所に設置されていて、気温が-4℃以下になると凍結しやすくなります。

  • 水道管がむき出しになっている
  • 北側や日陰に設置されている
  • 風当たりの強い場所に設置されている

水道管が凍結・破裂したときの対処法

水道管の凍結

凍結した部分にタオルや布などをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。熱湯をかけると水道管や蛇口が破裂するので絶対にやめましょう。
蛇口を開いてもすぐに水が出てこなくても蛇口は必ず閉めておき、自然にとけるのを待ちましょう。

水道管の破裂

メーターボックス内の元栓を閉めて水を止め、水道管の破裂した部分に布やテープを巻きつけて応急処置をします。水道メーターから蛇口までの間の漏水は、水道局ではなくクラシアンなど水道局指定業者に連絡して修理を依頼します。

元栓を閉めても水が止まらない、水道メーター自体が破損しているという場合は、自治体の水道局に連絡をしましょう。水道メーターの破損は水道局が無料で修理してくれます。また、水道メーター付近での漏水も、地域によっては水道局で無料修理できる場合があります。

水道管を凍結させないための予防法

保温材や毛布・布切れで、むき出しになっている水道管から蛇口までを完全に包みます。メーターボックス内にも使い古しの毛布や発泡スチロールなどを入れて保温します。

寒波の到来などで特に冷え込む夜は、室内の蛇口から途切れない程度の少量の水を出しておくのも効果的です。この場合は水道料金がかかるので、水を貯めておき有効利用できるように工夫しましょう。

水道管の凍結はお住いの地域により対策が異なる場合がございます。各自治体のホームページなどを参考に、本格的な冬が訪れる前に早めに凍結対策を施し、事故やトラブルを防ぎましょう。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る