水まわりお役立ち情報

井戸ポンプの設置方法と費用

水道の民営化や災害のニュースが続き、井戸ポンプを検討する方は今後増えるかもしれません。自宅に井戸がある生活には、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?井戸ポンプの設置に関する基本情報をまとめます。

家庭用井戸ポンプを設置するための基礎知識

手押しの井戸ポンプ

水道の民営化や災害のニュースが続き、井戸ポンプを検討する方は今後増えるかもしれません。自宅に井戸がある生活には、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?井戸ポンプの設置に関する基本情報をまとめます。

井戸の種類と特徴

電動の井戸ポンプ

家庭用の井戸には大きく分けて2つのタイプがあり、どちらの井戸が使えるかは、専門業者による調査が必要です。

浅井戸

硬い岩盤の上にある地下水を利用する10m程度の深さの井戸で、主に家庭菜園やガーデニングなどの生活雑用水に使用されることが多いです。水質等の基準をクリアしていれば生活用水として使用もできます。岩盤を掘削しないため、比較的少ない予算で設置できます。

深井戸

通常30mより深い岩盤の下の地下水からくみ上げる井戸で、水温は一年中15~17℃くらい。水質や水量が安定しているため飲料水や生活用水に使用でき、世代を超えて長く利用できます。

井戸を設置するメリット・デメリット

注目を集めている井戸ですが、もちろんメリットばかりではありません。デメリットも知った上で導入を検討してください。

井戸のメリット

● 水道代の節約
井戸水は無料で使い放題。電動ポンプの電気代だけで利用でき、ガーデニングや庭での水遊びなどで下水に流さない場合は下水料金もかかりません。
● 夏は冷たく冬は暖かい
水道水は夏は生ぬるく冬は凍てつく冷たさになるのに対し、井戸水の温度は一年を通して一定なので快適に利用できます。
● カルキ(塩素)が含まれない
消毒されていないため、飲用に適した水であればカルキ臭さを感じずにおいしい水が飲めます。
● 災害時にも使える
たとえ断水した時でも、トイレや手洗いに利用することができます。手押しポンプを設置しておけば停電時でも使用できます。

井戸のデメリット

● 設置費用がかかる
クラシアンで扱う井戸ポンプは本体料金・設置作業費で102,500円(税別)から。新設の場合はこれに掘削作業が加わり、トータルすると約20万円からと見込んでおく必要があります。深井戸の場合は100万円近くかかることもあります。
● 停電時に水が使えなくなる
電動ポンプを利用していると水がくみ上げられなくなります。生活用水をすべて井戸水に頼る場合は自家発電機を用意するか、手押しポンプを取り付けるなどの備えが必要です。
● 水量が少ない場合がある
豊富な地下水があるかどうかは、井戸を掘ってみなければわかりません。
● 井戸水がきれいとは限らない
深井戸では高確率で飲料可能な地下水が出ますが、保証はできません。工事完了後の水質検査で飲用に適しているかどうかの判定を受ける必要があります。浅井戸の水には一般細菌や大腸菌、環境汚染物質が流れ込んでいる可能性もあります。
● 金属が溶け込んでいることがある
深井戸の水には鉄やマンガンを多く含んでいることがあり、洗濯に使用すると洗濯ものが黄ばんだり黒ずんだりします。

井戸の設置方法

一般家庭の場合、揚水ポンプの吐出口内径が25mm以下であれば役所への届け出は不要です。節約のために自分で掘る方もいらっしゃいますが、10m近くも地面を掘り下げるのは大変な重労働。職人複数名でも1日1メートル程度しか掘れませんので、井戸掘りは専門業者に依頼しましょう。

1. 井戸の場所を決める
周辺に障害物の少ない場所で、配管工事をする場合は配管しやすい場所が良いでしょう。井戸のサイズは一般的にφ50~150mmです。
2. 1mくらい穴を掘り、鞘管を設置する
井戸掘り道具は市販やレンタルでも扱われています。
3. 水が出るまで掘り進める
水が出てきた穴に塩ビ管を差し込んで管を固定し、井戸ポンプを設置します。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る