水まわりお役立ち情報

井戸ポンプで汲み上げる現代の井戸はガーデニングや防災に人気!

現代の井戸は釣瓶式ではなくポンプ式が主流となり、ガーデニングや洗車に利用されています。井戸を利用している方やこれから井戸の設置を検討している方のために、浅井戸と深井戸の違いや井戸ポンプによくあるトラブルなどを取り上げます。

あると便利な「家庭用井戸ポンプ」の豆知識

家庭用の井戸ポンプ

井戸といわれると、時代劇でおなじみの釣瓶式をイメージしませんか?現代の井戸はそういった古井戸のイメージとはかけ離れ、直径5センチほどの管が地中に埋められているだけのコンパクトなポンプ式が主流です。
井戸を利用している方やこれから井戸の設置を検討している方のために、現代の井戸事情をご紹介します。

生活用水として活躍する現代の井戸

お庭の水やり

数メートル~数十メートルほどの深さまで埋められた管から、電動ポンプで汲み上げられる現代の家庭用井戸。ガーデニングや洗車などの生活用水に利用されているほか、災害時の生活用水確保のために手動ポンプ式の井戸も注目されています。

井戸水を飲用するには水質基準をクリアする必要があり、保健所が飲用を推奨していないエリアもあります。そのため、現在では井戸水と上水道をうまく使い分けているご家庭が多いようです。

井戸にも種類があった!「浅井戸」と「深井戸」とは?

浅井戸とは、比較的浅いところに水面がある「不圧地下水」といわれる水を汲みあげる井戸。一方、岩盤や堅い地層の下にある「被圧地下水」といわれる水を汲み上げるのが深井戸です。
深井戸は浅井戸と比べると周辺環境の影響を受けにくく、水質が良い状態で安定しているといわれます。

ポンプにも種類があり、ポンプと水面の距離が7、8メートル以内の時は浅井戸ポンプを、それ以上深い場合は深井戸ポンプを用います。深井戸ポンプには井戸水の中に設置して水を押し上げるタイプもあり、モーター音がしないので住宅密集地でも設置が可能です。

井戸ポンプで起こるトラブルと原因

井戸ポンプの故障でよくある症状は下記のようなものです。

  • 水が出ない
  • 水が漏れる
  • モーター音が大きくなった
  • モーターが止まらない
  • 漏電する

これらの症状は、モーターの焼き付きや羽根車の軸のゆがみ、砂こし器のつまりなどが原因となっていることが多くあります。
また、ポンプが故障していなくても、給水管からの漏水で電気使用量が上がることも。その場合は漏水修理で解決します。

井戸の導入やポンプの交換の際には『井戸ポンプと現代の井戸事情』も参考にしてご検討ください。
さまざまな井戸ポンプはクラシアンでもお取り扱いがございます。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る