水まわりお役立ち情報

給湯器は何年使える?交換費用は?工事の相場と給湯器の選び方を解説

使い方や設置方法によりますが、給湯器の耐用年数は約10年。それ以上使用していて不具合が起きた場合、修理ではなく交換を検討した方が良いかもしれません。そこで、給湯器交換にかかる費用と自宅に合った給湯器の選び方を解説します。

修理が必要?と思ったら知っておきたい給湯器のこと

壁掛けタイプの給湯器

使い方や設置方法によりますが、給湯器の耐用年数は約10年。それ以上使用していて不具合が起きた場合、修理ではなく交換を検討した方が良いかもしれません。そこで、給湯器交換にかかる費用と自宅に合った給湯器の選び方を解説します。

修理か交換かを見極めるポイント

給湯器の修理か交換かの判断に迷ったら、ひとつの目安は使用年数です。 使用開始から10年を過ぎているとメーカーに修理用の部品がない可能性があり、修理できない場合も。また、すでに10年近く使用しているなら修理をしてもまたすぐに不具合を起こす確率が高くなります。

故障しているかどうかは、業者が実際に現場を確認する必要がありますが、完全に故障してからでは手遅れになる可能性もあります。不調を感じたら早めの問い合わせをおすすめします。

《こんな症状があったら早めに業者に連絡を》

  • お湯の温度にバラツキがある
  • 給湯器から異音がする・音が大きくなった
  • 排気から黒い煙が出ている・ガス臭い
  • リモコンに頻繁にエラーが表示される

給湯器の選び方3つのポイント

パイプスペース内の給湯器

突然お湯が出なくなって困ってしまう前に、不安がある場合は今すぐ点検・見積もりを依頼しましょう。交換になる場合は、下記を参考に給湯器を選んでください。

1.設置可能なタイプを把握
浴槽の穴が「1つ」「2つ」「なし」のどれかを確認。さらに、屋外の給湯器本体が「壁掛け」「据置き」「パイプスペース内」のいずれのタイプかを確認します。
2.パワーを選ぶ
「16号」「20号」「24号」があり、号数が大きいほどたっぷりとお湯を使用できます。しかし水圧によっては号数を上げても性能が発揮されない場合もあるので、湯量に不満がある場合は調査をおすすめします。
3.給湯のみかオート機能付きか
追い焚き機能のない「給湯専用タイプ」、自動でお湯はりや追い焚きができる「オートタイプ」、湯量が下がったら自動でたし湯までできる「フルオートタイプ」があります。

給湯器の交換にかかる費用

給湯器の本体価格は設置可能なタイプやパワーにより異なり、本体価格のほかに出張費や工事費用を設定している業者もあります。

たとえばクラシアンでは、本体・工事費込み約7万円(給湯専用、16号)から交換を承っており、人気のオートタイプの20号・24号では10~12万円くらいとなっています。※

当社では本体価格を大幅割引して交換工事を承っていますので、給湯器販売・取付サイトもご参照ください。

「今日中に使えるようにして!」という緊急事態のときも、ぜひクラシアンにご相談ください。

※本文に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る