水まわりお役立ち情報

給湯器から異音が発生した場合の対処法

給湯器を使用する際に作動音がしていても異常ではありません。しかし普段とは違った「異音」が聞こえた場合は、修理や交換が必要かもしれません。給湯器から異音が発生したら、何に注意してどう対処すればいいのでしょうか。

お湯を使うと変な音がしたときに気をつけること

壁掛けタイプの給湯器

給湯器を使用する際に作動音がしていても異常ではありません。しかし普段とは違った「異音」が聞こえた場合は、修理や交換が必要かもしれません。給湯器から異音が発生したら、何に注意してどう対処すればいいのでしょうか。

この音は異常?と思ったら

給湯器からは、通常時もポンプやモーターなどの作動音、点火音やガスが燃焼する音、お湯が流れる音などがします。それでは異常時の音とはどういうものでしょうか。

「ボンッ」と小さく爆発する音

不完全燃焼やガス漏れの可能性があるので、すぐに使用を中止して専門業者を呼んでください。特にガスの臭いがしたら急いで対処しましょう。
給湯器には安全装置がついていますが、それが不具合を起こしていると一酸化炭素中毒を引き起こす危険性があります。

「ピー」という笛のような高い音

ファンモーターなどに不具合が生じ、酸素とガスの供給バランスが崩れていると考えられます。給湯器の使用を中止して専門業者に連絡してください。

今まで聞いたことがない音

給湯器の寿命は10年が目安とされています。それに近い年数以上を使用していると内部の部品が劣化し、不具合を起こしているかもしれません。
本体に異常をきたしていないか、リモコンにエラーコードが出ていないかを確認し、原因がわからなければ使用を中止して専門業者に連絡しましょう。

ガスの臭いがしたらすぐに使用を中止!

異音とともにガスの臭いがする場合は直ちに給湯器の使用を中止してください。窓を開けて換気し、専門業者を呼んで修理・交換をしてもらいましょう。

ガスが使えない生活はとても不便なもので、冬季はどこの業者も依頼が立て込み、対処してもらうまでに時間がかかるケースが増えます。
クラシアンでは24時間体制で緊急対応を受け付けていますが、異音を感じたら早めの依頼をおすすめします。

10年近く使用しているなら本体交換の検討を

老朽化した壁掛けタイプの給湯器

専門業者に給湯器本体の交換をすすめられると「修理でいいのに」と思ってしまうかもしれません。特に急いでお湯を使えるようにしたい冬場はなおさらのこと。
しかし設置から10年が経過するとメーカーに修理部品が無いことが多く、故障個所を修理してもまたすぐ別の不具合が起きてしまうことが多くなります。そのため、10年近く使用している給湯器では交換をすすめられることがほとんどでしょう。

クラシアンでは有資格者が最短で即日交換し、すぐにお湯が使えるように対処いたします。たとえばパロマの人気機種の場合、費用は工事費込み106,000円(税別)から。給湯器で異音がした場合は、本体の交換も検討してみてください。

トイレのトラブルなら水まわりのクラシアンへ!

24時間受付・365日対応 出張費・点検・お見積り無料!

クラシアンではトイレの水漏れやつまりの修理や、トイレの交換など様々なトラブルの緊急駆け付けに対応しています。水まわりのトラブルでお困り事がございましたらお電話・メールでご相談ください。

サービスと料金

関連記事

ページのトップへ戻る